お問合せ
税理士法人くまで会計事務所facebookページ
NPO会計税務支援福岡
九州北部税理士会所属
税理士法人くまで会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

相続をお考えの方

相続税とは?

皆様は相続税についてご存知ですか?

相続税とは、亡くなった人の財産を貰った際にかかる税金の事をいいます。

では、いつ、どのような時に相続税がかかるのでしょうか?

相続の発生

相続は、人が亡くなった時から始まります。

亡くなってから何ヶ月が経っても「財産をどのように分ける」のかについて決めていないことは多いのですが、

相続開始の時期というのは人が亡くなったその瞬間からと決まっているのです。

相続の流れ

実際に相続が開始された時はどのような手続きをすればよいのか?また、相続税はいくらになるのか?といった疑問が

出てくるかと思われます。

当事務所はそのような不安を解決し、相続税を最小限に抑えられるようトータルサポートをご提案いたします。

相続税計算の仕方

相続税の計算においては、税額が財産評価の考え方や遺産分割方法等により大きな差を生じる可能性があります。

また遺産から葬式にかかった費用、非課税となる財産、借入金などの債務を差し引いた額をもとに計算されます。

具体的なイメージは次のフローチャートのようなイメージです。

相続の流れ

正味の遺産額から基礎控除額を差し引いた課税遺産総額をもとに、相続税が計算されます。

相続税のかかる財産の例

  • 現金・預貯金
  • 土地(田・畑・宅地・山林等)
  • 建物、構築物
  • 有価証券(株式、国債、社債等)
  • 事業用財産(機械器具、商品、原材料、売掛金等)
  • 家庭用財産(家具、美術品、宝石等)、金
  • その他(ゴルフ会員権、貸付金、借地権、特許権等)

相続税のかからない財産(非課税財産)の例

  • 生命保険・死亡退職金の一部(500万円×法定相続人の数)
  • 墓所や仏壇、仏像等(骨董品や投資目的のものを除く)
  • 公共事業用財産(社会福祉事業者等が公益を目的とする事業の用に供する財産)
  • 相続税の申告期限までに国等に贈与した財産

相続手続きと相続税の計算はこのように大変複雑になっております。

まずはお問合せ・ご相談いただき、一緒に解決しましょう!!

相続税・贈与税バナー
お問合せ